独立のための資金集め!金融機関もあれば、補助金もある!

信用金庫や信用組合を利用

ビジネスなどを開業するとき、少なからず資金が必要になります。開業する時点でも必要ですし、運営していくときにも運営資金が必要になります。個人で調達するのが難しいこともあります。民間から融資を受けるときに利用しやすいのが、信用組合であったり信用金庫です。銀行とよく似ていますが、より庶民に近い金融機関として知られています。ですから、経営計画などをきちんと提出することで融資が受けられる場合があります。資金繰りに困ったときにも相談に乗ってもらえます。

創業者を支援する補助金

国であったり市区町村、その他民間団体などで補助金制度を持っている場合があります。何かを進めようとするときに設定されることが多く、創業者向けの補助金制度もあります。開業時に資金を得るのであれば、補助金制度をチェックしてみましょう。まずは公的なものから利用することを考えてみましょう。無利息で貸与してもらえるケース、返済期間が長く設定されているケースもあります。商工会議所などでも用意してくれている場合があります。

自宅などを担保にして借入

家族がいるときに、会社を辞めて会社などを立ち上げようとすることがあります。家族の理解を得ることは必要で、お金の相談などもしなければいけません。住宅を保有しているのであれば、住宅を担保にして借入ができる場合があります。ですから、資金が足りない場合は検討してみましょう。もちろん、万が一の時には住宅が無くなることもあるので、家族と十分相談をして利用します。通常の借入に比べると、担保がある分金利が低くなるでしょう。

何でも開業にいたるまでは様々なハードルがありますが、ひとつひとつ丁寧に対処していきゴールを目指しましょう。