求人に応募したけど連絡が来ない!そんな時はどうする?

1週間くらいが目安になる

求人に応募して面接を受けたら、採用の場合には2日~3日で電話で連絡が来ることが多いです。企業は欲しい人材を他の企業にとられたくないので、電話で早めに連絡をします。しかし、選考に時間がかかっていることもあるので、1週間くらいは待ってみましょう。電話で採用連絡が来ることが多いですが、郵送で届く場合もあるので、1週間くらいしてから郵送で採用の書類が届くかもしれません。10日以上が経ってから採用の連絡が来るということも、稀にあるようですが、だいたい1週間くらいが目安となります。

他の求人を探し始めるタイミング

企業は不採用の人への連絡は後回しにする傾向があります。建前上、十分に時間をかけて検討をしたが不採用になってしまったということを示すために時間をかけているという意見もあります。そのため、不採用の連絡を待つということは、効率的ではありません。1週間程度が経過したら、他の求人を探し始めるのがよいでしょう。2重に応募してはいけないというルールはないので、3日程度が経過した時点で他の求人を探し始めても問題はありません。

もしも第二志望の会社から先に採用をもらったら

2社以上の会社で面接を受けていて、第二志望の会社から先に採用の連絡をもらった場合、困ることになります。「第一志望の会社に行きたいが、落ちているかもしれない」と考えて、第二志望の会社で決めてしまう人もいます。最悪のケースが、第二志望の会社を断ったのに、第一志望でも落ちていたというパターンです。このようなケースでは、第二志望の会社では返事を待ってもらうのがよいでしょう。「第一志望は他にあるのだな」と思われて、悪いイメージをもたれてしまう可能性があるので、慎重に言葉を選びましょう。

一流のネットワークエンジニアになるためには、確かな知識とスタッフをまとめあげる力が必要となってきます。