病気や痣で悩む気持ちを軽くするメディカルメイク

実はあまり知られていないメディカルメイク

生まれつき病気があり人と見た目が違う人、病気になってから普通の皮膚の色ではなく変色してしまった部分などがある人など、普通のメイクができなくて悩んでいる人はたくさんいます。できれば綺麗な肌に見せたいと思っていても、メイクの方法が一般的なものと変わるため、自分でやろうとしても限界があるのが現状です。メディカルメイクをするだけで普通の肌の色になり見た目に関係なく過ごすことができるのです。生まれ持った痣や病気などで肌が変色してしまっている人は、すっぴんで街に出かけるとジロジロと見られてしまい、当事者にとっては心の傷になることもあるのです。しかし見慣れていないことで色の違いに注目してしまう事は仕方ないことであるため、メディカルメイクが広がることで当事者はより明るい気持ちで外出できるようになるのです。

使っている化粧品も異なる

メディカルメイクをするとなると専用の化粧品が必要になります。普通の化粧品とは違って粘度が高く水や汗にも強い落ちにくいものを使用します。また付け方によっては厚化粧になってしまう恐れがあるため、自分に合うコンシーラーやベースカバーのファンデーションを探して肌の色により近いものを選びながらブラシではなく自分の指で乗せていくと自然な肌のように仕上がります。しっかりと乾燥させることで落ちにくくなり、色自体も肌になじみ落ち着きます。メディカルメイクを自分でやってみたい人は全国各地でメディカルメイクセラピストと言う人たちがいるため、講座等に参加して技術として取得すると良いでしょう。歳をとると出てきてしまう老人性のシミなどにも対応するため、当事者だけではなく自身でも使える知識になります。

ヘアメイク派遣とは、撮影や結婚式、あるいはパーティや成人式など、いろいろな場面で必要な、ヘアメイクアップを行う美容師を、依頼された場所に派遣することです。いわば出張ヘアメイクと考えれば良いでしょう。